ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

フィッシングショー大阪2020 気になるリール編

フィッシングショー大阪2020業者日に行ってきました。

f:id:lurelism:20200207210910j:plain

仕事の関係で来ているので、急ぎ足で筆者が個人的に気になる商品だけ見てきました。

最初はシマノブースです。

f:id:lurelism:20200207211038j:plain

今回の目玉はなんといっても20ツインパワーでしょう。
筆者は15ツインパワー4000XG、17ツインパワーXD4000XGの愛用者で、20ツインパワーにも非常に興味があります。

20ツインパワー

f:id:lurelism:20200207211547j:plain

デザインは13ステラSWを彷彿とさせる感じでとてもかっこよくなっています。
持ってみると15ツインパワーと比べて圧倒的に軽い。

f:id:lurelism:20200207211918j:plain

巻いてみると更に驚きです。
軽い・・・15ツインパワーとは全くの別物です。
どちらかというと、18ステラや19ヴァンキッシュに近付いたと感じます。
この点は単純に素晴らしい進歩ですw

アルミローターなので15ツインパワーSWのような巻き感を想像していましたが、全然違いました。
15ツインパワーまでの、巻き始めは重いが慣性でくるくる回るイメージとは変わってしまったと感じます。
巻きはじめからずっと軽いです。

f:id:lurelism:20200207213222j:plain

PGモデルは尚軽い巻き心地。
タイラバなどにも良さそうです。

ツインパワーは20ツインパワーから大きく路線変更したと感じました。
定価も上がっているので、基本的には15ツインパワーまでの流れは途切れたといった感じです。

普通に素晴らしいリールですw

20ステラSW

19ステラSWが8000番以上、20ステラSWが6000番までのラインナップです。

f:id:lurelism:20200207214258j:plain

中でも筆者が気になっているのは20ステラSW4000XGです。

f:id:lurelism:20200207214528j:plain

持った感じは、15ツインパワーSW4000と同じような重さです。
ただし、こちらも巻いてみると素晴らしい巻き感ですw
13ステラSW4000XGよりも軽くなったのではないでしょうか?

この感じだと、青物兼用のフラットに駆り出しても使えそうです。

f:id:lurelism:20200207232315j:plain

4000番のボディは5000番6000番とは共通で、ローターだけが専用の小型ローターになっているそうです。
ライトオフショアキャスティングやライトジギングにも良さそうです。

素晴らしいリールですw
欲しいです・・・

結局買いましたw
www.lurelism.com



f:id:lurelism:20200207220638j:plain

お次はダイワブースです。
今回の目玉は20ソルティガと20ルビアスでしょう。

20ソルティガ

待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか?
満を持してのモデルチェンジです。

f:id:lurelism:20200207220727j:plain

デザインはよりシンプルになって、とても格好いいです。

f:id:lurelism:20200207221049j:plain

筆者も17ソルティガで気に入っているモノコックボディが、20ソルティガにも搭載されています。

f:id:lurelism:20200207221419j:plain

巻き感も筆者の16キャタリナとは比べ物になりません。
とてもなめらかです。
もう、16キャタリナにほぼソルティガとは言わせませんw
クオリティはかなり高いです。

f:id:lurelism:20200207221846j:plain

これまでのザイオンローターからアルミローターに変更されています。
モノコックボディと相まって、より剛性が高まり強固なリールになっています。

LTコンセプトになり、番手がよりわかりやすくなりましたw
シマノの番手とほぼ同じと考えて良さそうなので、これまでの面倒な番手の対応を合わせる必要がなくなりました。
ここはダイワが大人だったと感じますw

20ルビアス

こちらも待望のモデルチェンジです。
軽量特化のセオリーが登場し、どの路線に進むのか気になっていましたが、かつてのイグジストの路線に帰着したみたいですw

f:id:lurelism:20200207223035j:plain

ザイオンモノコックボディと、ザイオンローターによるフルザイオンリールです。
ザイオンのモノコックボディは20ルビアスが初だとのこと。

f:id:lurelism:20200207223249j:plain

持つと軽い、圧倒的に軽い。
LT4000で215g、筆者のリブレをつけた12ヴァンキッシュC3000より軽いですw

f:id:lurelism:20200207223640j:plain

巻き感も軽いです。
ザイオンローターとザイオンボディにより感度の面でもとても良さそうです。
カーボン樹脂系の素材では、やはりザイオンが剛性に優れていると感じるので、フルザイオンのルビアスは耐久性にも期待できそうですね。

エギング・ティップランでは特に活躍しそうなリールです。

総評

あまりにも皆が巻き感だの巻き心地だの言い過ぎたせいなのか、2020年の新リールはどれも巻きの軽さと心地よさが、高いレベルに達していると感じましたw

シマノ、ダイワ共に確実に進歩していると感じます。

今回は触っただけなので、今後、これらが現場でどのような評価を得るのか気になりますw