ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

第20戦 ボートエギング オフショアキャスティング

この日はプレジャーボートにてボートエギングやボートヤエンメインの何でも釣りに行ってきました。

f:id:lurelism:20210604125534j:plain

薄暗い中出船し一気に中紀まで南下します。

f:id:lurelism:20210604125547j:plain

藻場をメインに最初は流しながらボートキャスティングエギングにて探りながらランガンしていきます。
しかし、何の変化もないまま、本命のポイントへ。

アンカーを下ろし、ボートヤエンでアジを泳がせながら、エギングをしたりトップで青物を狙います。

f:id:lurelism:20210604130506j:plain

ベイトは豊富で時折、バコッと大きなボイルが起きるため、ポッパーやダイペン、ジグミノーで探りますが全く相手にされません。

そうこうしていると、同船者がエギングでヒット。

f:id:lurelism:20210604125558j:plain

2キロオーバーをキャッチ。

慌てて筆者もエギングに持ちかえますが、現実は甘くありませんw

すると、ヤエンのラインが張っています。
確認してみると、乗っていました。

いつも通り、強引に寄せると楽々浮いてきたのでヤエン投入。
それにしても軽い引込みw
水面まで上げていると500くらいのアオリイカが見えてきました。

ヤエンは掛かっているようで暴れています。
すると、ジェット噴射と共にラインブレイク・・・

え・・・

その後、反応もないため北上。
沖でタイラバをしていると小ボイルが発生。
新調したアクイラ78-3の出番です。

f:id:lurelism:20210604125653j:plain

ソルティガオーバーゼアー80Sをキャストし、スピッキングからのリトリーブでヒット。

引きの感じはツバス~ハマチ。

f:id:lurelism:20210604125610j:plain

上がってきたのは予想通りのサイズのヤツでした。

撮影後、再びキャスト。
同じパターンで追加をキャッチ。

f:id:lurelism:20210604125621j:plain

サイズも同じでした。

その後はタイラバで狙うもノーバイト。

そのまま納竿となりました。

釣果

ツバス~ハマチ 2匹

ツバスかハマチか微妙なサイズが2匹でした。
エギング、ヤエンは爆死、タイラバは当たり無し、と狙ったものは全てダメでした。

ヒットルアー

ダイワ ソルティガ オーバーゼア 80s 真鰯
80mm、34gのジグミノーです。
ベイトが小さい時はショアでもオフショアでも活躍してくれます。

アシストフックにカルティバ 投技フック パワー青物 #1/0、リアにがまかつ SP-H #2に交換しています。

タックルデータ

f:id:lurelism:20210604125633j:plain
ロッド リップルフィッシャー アクイラ ST 78-3
リール ダイワ 17ソルティガBJ3500SH
ライン PE2.0号 よつあみ G-soulX8アップグレード
リーダー ナイロン 10号40LB よつあみ ガリス キャストマンアブソーバー

アクイラ78-3のデビュー戦となりました。
アクイラ74MHは強すぎて使い辛く、スパイクボニート72はややショートでちょっと硬いと感じたため、今回新たに新調しました。
スパイクボニートの対象魚がシイラ・カツオで、アクイラ78-3はブリとなっていますが、ロッドパワーというかクラスとしてはアクイラ78-3の方がライトです。

そのため、筆者のよく使う30g~40gのジグミノー・シンペンや、ガンマ140やパンプキン110などの小型のダイビングペンシル・ポッパーも非常によく飛びます。

また、ティップもよい感じに柔らかく、ダイビングペンシルの操作も楽にこなせます。

掛かったのがツバスかハマチか微妙なサイズなのであれですが、プレジャーボートのナブラ撃ち用ロッドとしてはかなり良さそうです。
久しぶりに使ってすぐに良かったと感じたロッドですw
特に自分の使うプラグサイズや重量に適したパワーで、そのキャストや操作性に優れている点は文句なしです。

長く付き合っていけそうなロッドですw