ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

第11戦 ライトショアプラッキング

この日もスタートはサーフから。

前回折れた14ステラのハンドルシャフトを18ステラのものに変更。
ハンドル長が55mmから57mmに伸びましたが違和感なく使えますw
というよりこっちの方がしっくりくるかもしれません。

f:id:lurelism:20210405130410j:plain

暗いうちはフラットフィッシュを狙うも反応なし。

ベイトっ気もなく釣れそうな気配もないので早々にポイント移動。

いつもの磯ランガンに移ります。

f:id:lurelism:20210405130511j:plain

ひたすらポイント移動を続けるも反応なし。

早々から、本命は前回ハマチを釣った地磯と決定w
万策尽きたこともあり、予定より早すぎるタイミングで到着。
花粉が辛すぎるので午後は仮眠し、潮が動き始めるタイミングから夕マヅメを狙う予定です。

ポイントに入るととりあえずポッパー、ダイビングペンシル、ミノー、シンペンとローテーション。
遠投重視、ロスト覚悟でメタルジグで探ったり、ジグミノーで表層を探ります。

すると、前回のヒットルアー、ソルティガ オーバーゼアー80Sにひったくるバイト。
合わせるとまさかのラインブレイク・・・

少々、ドラグが強すぎた模様・・・

リーダーを結び直している間にナブラが発生します。
規模は小さく範囲も狭い感じです。

とりあえず、オーバーゼアー80Sにサイズ感の近いエクシア鰹をキャスト。
ただ巻きをしていると早速ヒット。

f:id:lurelism:20210405130522j:plain

正体は予想通りツバスかハマチか微妙なサイズのヤツ。
ずりあげてタイドプールに逃がして、次を狙います。

若干、ナブラが遠ざかってるので、我慢してタイミングを待ちます。

すると、射程内にナブラが発生。
進行方向の先を通しているとタイミングがあったのかヒット。

似たような引きなので強引にずりあげ。

f:id:lurelism:20210405130531j:plain

やはり正体はこのサイズ。

そのまま追加を狙おうとするも、ナブラは遠ざかってしまい、そのまま日没、沖へと去ってしまいました。

日没後はそのままエギングに突入するも撃沈。
納竿となりました。

釣果

ハマチ 2匹

夕マズメになると現れます。
同じポイントで同じパターンが3回続いていますw
潮の関係で水没するポイントなので、入れるタイミングが限られますが、夕マヅメ以外にも回遊があるのか試してみる価値はありそうです。

ベイトは6~9センチくらいのキビナゴみたいです。

ヒットルアー

クロスツー エクシア鰹 45g マイワシ
オーバーゼアー80Sより重量がありややファットなジグミノーです。
悪い意味で入手困難なのが珠に傷です。

リアフックをがまかつ RB-H#2に変更しています。

タックルデータ

f:id:lurelism:20210405130459j:plain
ライトショアプラッキング
ロッド ダイコー タイドマーク ロッキーショア パーガトリー 111/11
リール ダイワ 17ソルティガBJ3500SH
ライン PE2.0号 よつあみ G-soulX8アップグレード
リーダー ナイロン 10号35LB バリバス ショックリーダー VEP ナイロン

前回に引き続き、パーガトリー111/11での釣果となりました。
前回と似たようなサイズだったため、ロッドのポテンシャルは不明のままですw

微妙なサイズですが、レギュラーテーパーで11.1フィートもあるので、ロッドは結構曲がり込みます。
このサイズだと復元力だけでいなす、というかごり巻きになるのでやはりポテンシャルは不明です。

筆者の彷徨うフィールドではヒラマサやカンパチは出ないので、ブリに適正さえあればあえてミュートス アキュラ100Hを出さなくても良さそうです。
ライトショアプラッキングでどこまで対応できるか試していきたいと思います。