ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

ダイワ HD スプールケース SP-S (A) インプレ

ダイワのハードタイプのスプールケースです。
スプールの防護の面で優れているため、筆者は単価の高いスプールの収納に使っています。

DAIWA HD スプールケース SP-S (A)

f:id:lurelism:20210904000859j:plain

定価1850円です。
スプールケースとしては高い部類に入ります。

他のケース類を代用する場合に比べて、コスト的にはかなり割高になってしまいます。
ただし、それに見あった保護能力があるため、筆者は単価の高いスプールの持ち運びに使用しています。

レバーブレーキのトーナメントISOや、モアザンLBDのスプールなどは単価が2万円くらいし、元々替えスプール文化もあることから需要もあり値崩れもしません。
まあ、性能は同じSLPの口太や尾長なら半額で済むんですけどねw

また、ステラSW4000やソルティガBJなどのSW系リールのスプールも2万円くらいするため、こちらも保護面がかなりネックになります。
スプールエッジに傷がつきようものなら、速攻で買い換える人もいるくらいです。
が、いかんせん、単価が高いためほいほい交換はできませんw

実釣での傷ならまだしも、持ち運びで傷がついたり凹んだりした場合には目も当てられません。

そういったリスクを大幅に減らしてくれるのが、このスプールケースです。

仕様

汎用性
スプールを一つ収納できます。
バッグやバッカン内のスペースを圧迫しないため、持ち運びには便利なケースです。
保護能力が高く、適当に放り込んでおくだけでも、スプールに傷や凹みがつく心配をしなくて良いのは大きいです。

ソフトタイプやセミハードタイプは、のし掛かりや鋭利なものの突き刺さりに関してはそれほど防護面を期待できないですが、ハードタイプのこのスプールケースだと大体のシチュエーションでは耐えてくれます。

ただし、シマノ3000番やダイワ旧2500番、LT3000番、LB3000番くらいのサイズのスプールだとかなりぶかぶかになるので、バッグやバッカン内の収納という面ではややかさ張る感じです。
小型系のスプールの場合は収納効率の面だけで言えば、シマノのスプールガードのSサイズの方が優れています。

スプール保護能力
低中高の三段階なら間違いなく一番上の高の保護能力です。

f:id:lurelism:20210904001238j:plain

外側は樹脂製で傷や潰れに強く、内側はクッションになっているため、スプールの保護という面ではかなり優れています。
ソフトタイプやセミハードタイプでは、バッカン内のナイフやプライヤーが重たい荷物に押されて貫通、なんてことも有り得そうですが、こちらのスプールケースでは上下の樹脂部分なら余程鋭利なものでなければ保護してくれます。

f:id:lurelism:20210904001353j:plain

唯一の弱点はファスナーのある側面ですが、最悪スプールエッジは守ってくれるので、その時は運が悪かったと諦めましょうw

傷防止能力はもちろん、重たい荷物にのしかかれることによる凹みや変形も防いでくれるため、圧力による変形にも強いという部分が、ソフトタイプやセミハードタイプにはない強みです。

スプール単価が2万円くらいするステラSWやソルティガBJ、トーナメントISOなどのスプールの保護に適しています。

適合

メーカーによると、
スピニング従来1500~3500~LB4000
新LT1000~LT5000
 ※スプール外径54mm程度まで
とされています。

実際に手持ちのスプールを試してみました。

ダイワ 旧4000
f:id:lurelism:20210904001450j:plain
ソルティガBJ4000のスプールです。
遊びなしのジャストフィットです。
恐らくはこのサイズがこのスプールケースの上限になると思います。
ステラSW8000も差し込めますが、蓋が閉まらないので使えない感じです。

ダイワ 3500番
f:id:lurelism:20210904001646j:plain
こちらもまあまあピッタリです。
LT5000やシマノのC5000も同じような感じでした。
メーカー適合だとここが上限になります。

シマノ 4000番
f:id:lurelism:20210904001820j:plain
スペースとしては余裕があります。
写真はロングストロークですが、旧4000やLT4000も同じ感じです。

LB3000
f:id:lurelism:20210904001915j:plain
レバーブレーキの替えスプールですが、ぶかぶかですw
隙間がかなり大きく動きますが、内側はクッションなので防護面では問題ありません。
シマノC3000やLT3000も同様にぶかぶかです。
これより小さいスプールではもっとでしょうw


結果、ど真ん中はダイワ旧3500やLT5000、シマノC5000などです。
メーカー適合通りですw
ダイワ旧4000が隙間なしのジャストフィットで、シマノ4000やLT4000は余裕のある収まりです。
LB3000やLT3000、シマノC3000だと隙間が広すぎて、スプールに対してケースが大きすぎですw
小型スプール以下では収納効率の面では微妙になります。

現状、サイズ展開がないため、このような結果になってしまいました。
今後、小型スプールや大型スプールに合わせたサイズがリリースされることがあれば、スプールサイズにあわせた使い分けができるでしょう。

総評

信頼度の最も高いスプールケースになります。
ジグバッグのような重たい荷物と混在するような場合の万が一に備えることができます。
ケースの単価はそこそこ高いですが、単価の高いスプールを保護するという意味ではむしろ安いくらいですw
2万くらいの替えスプールに傷や凹みができれば洒落になりません。

高い部類であることには間違いありませんが、この保護能力の高さを考えればコストパフォーマンスは優れていると思います。

唯一の問題はサイズ展開がないため、シマノ8000番やダイワ旧4500番、新8000番以上のスプールが使えないことと、LT3000やシマノC3000以下の小型スプールだとケースが大きすぎて収納効率が悪いことです。

総合的に見てもオススメですが、特に単価の高いスプールを持ち運ぶ人にはベストマッチしたアイテムです。