ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

シマノ スプールガード シングル PC-018L インプレ

シマノから出ているスプールケースです。
リールカバーのようなシンプルな構造でかさ張らず、使い勝手の良いケースです。

S M Lのサイズ展開でほぼ全てのスプールに対応しているため愛用しています。

SHIMANO スプールガード PC-018L

f:id:lurelism:20210907231937j:plain

定価は
S 1000円
M 1100円
L 1200円です。

Lの実売価格で1000円前後のため、スプールケースとしては比較的安価な方になります。

ダイワのスプールケースHDのような高い保護能力は見込めませんが、実際に使用する上では十分な防護性能があるので、思った以上に使い勝手のよい商品です。
特に10000番を収納できるLサイズや、8000番を収納できるMサイズはダイワのスプールケースではカバーできない範囲を網羅しているため、重宝しています。

バッカン内のインナーバッカンやトレイに入れることで、不安材料はほぼなくなります。

ダイワ旧4000番などの中型や、シマノ8000番以上の大型のスプールにも対応するラインナップのため、このシリーズだけでほぼ全てのスプールを収納できるのも魅力です。

仕様

f:id:lurelism:20210907231958j:plain

汎用性
スプールを1つ収納するタイプのケースです。
クッション性の生地でできているソフトタイプのスプールケースになります。

シンプルな構造なため、ケースのサイズが小さくバッカンやバッグの中でもかさ張りません。

サイズ展開もあるため、必要なサイズを揃えることでスプールケースの大きさを最小限に抑えることもできます。

スプールを一個単位で管理でき、持ち運びの際も荷物を圧迫しにくいため、使い勝手の良さはダイワのスプールケースHDやSPよりも上です。

最も気軽に使えるケースだといえます。

スプール保護能力
3段階で表現するなら一番下の低です。
防護面ではハードタイプのダイワスプールケースHDや、セミハードタイプのスプールケースSPには劣ってしまいます。

スプールが物に干渉することによる傷は防ぐことができますが、ハードタイプのように突起物や重たい荷物ののし掛かりには弱いです。
ただ、バッカンやバッグ内をそこまで混沌とした状態にしなければ、このスプールケースの防護能力でほとんどカバーできるのも事実です。
ルアーケースの衝突などには普通に耐えてくれるので、わざわざスプールケースを荷物の一番下に入れるようなことさえしなければ、防護面で気になる点はありません。

予測不能な万が一、には対応できないかもしれないので、単価の高いスプールは念のためハードタイプの方が良いでしょう。

適合 Sサイズ

メーカーの表記によると、
スピニングリール 1000~4000となっています。

実際に手持ちのスプールで合わせてみましょう。

シマノ 4000

f:id:lurelism:20210907232021j:plain

左が旧4000、右がロングストロークです。
旧4000もロングストロークもぴっちりといった感じです。
余分なスペースはほぼなく、これがメーカー表記通り上限でしょう。
メーカー使用例のような横向きに入れることはできず、縦入れ専用といった感じです。

ダイワ LT4000

f:id:lurelism:20210907232139j:plain

こちらも縦入れであれば入ります。
高さ的にはほぼ上限です。

シマノ C3000

f:id:lurelism:20210907232237j:plain

左旧C3000、右はロングストロークです。
このサイズから横入れができるようになりました。
横入れでジャスト、縦入れだとややスペースに余裕のある感じです。

ダイワ LT3000 LB3000

f:id:lurelism:20210907232407j:plain

左LT3000、右がLB3000です。
こちらも横入れでジャストといった感じです。

ダイワ LT5000

f:id:lurelism:20210907232510j:plain

一応、縦入れだとLT5000も入りました。
こちらがダイワの上限になりそうです。

シマノC5000も入るには入りますが、高さがありやや上部がはみ出るかなといった感じです。



シマノ4000は上限ですが、かなりぴっちりなので取り出しはややスムーズではありません。
ダイワならメーカー適合に入れてないサイズだと思うので、やや余裕はありませんw

上限はダイワLT5000ですがぴっちりです。
余裕がないので旧C5000はMサイズの方が良いかもしれません。

適合 Mサイズ

お次はMサイズの適合です。
メーカー表記は
スピニングリール C5000~8000
Mサイズにして8000番が対象に入っています。

シマノ 8000

f:id:lurelism:20210907233053j:plain

横向きでぴったりな感じです。
このサイズがほぼ上限なのでしょう。
ちょうど良い感じです。

ダイワ 旧3500 旧4000

f:id:lurelism:20210907233210j:plain

どちらも横向きでかなり余裕のある感じです。
かといってSでは厳しいので、この番手は必然的にMサイズになります。

ダイワ LT5000 シマノ C5000

f:id:lurelism:20210907233419j:plain

左LT5000はかなりスペースに余裕があります。こちらはSサイズと迷うところです。
やや太い旧C5000はこのMサイズでほどよい感じです。
ロングストロークだとまた変わってくるかもしれません。

シマノ 投げ中型 遠投カゴ中型

f:id:lurelism:20210907233604j:plain

シマノの遠投カゴ中型ブルズアイ5050のスプールです。
今はラインナップから消えた投げ中型も同じサイズです。

やや向きは変わるものの、入るには入ります。
ただ、はみ出る部分も多いので一番手上のLでも良いかもしれません。

ダイワ 投げ中型

f:id:lurelism:20210907233806j:plain

ダイワの投げ中型スプールです。
遠投カゴの中型も同じサイズです。
こちらはMサイズで丁度よい感じです。



Mサイズは汎用性は高めです。
実質、シマノ4000やダイワLT4000からシマノ8000番クラスまで網羅しているといえます。

適合 Lサイズ

最後にLサイズです。
メーカーの表記で
スピニングリール 10000~20000

シマノ 10000

f:id:lurelism:20210907234230j:plain

20000番まで網羅していることもあり、10000だとかなり余裕です。
ただ、スペース的には悪くない感じです。

シマノ 8000

f:id:lurelism:20210907234326j:plain

こちらもかなり余裕がありますが、これはこれでありかもしれませんw
余裕をもたせたい場合はLでもよいでしょう。

シマノ 遠投カゴ・投げ中型

f:id:lurelism:20210907234419j:plain

Mでキツかったこちらも、Lサイズなら余裕があってよい感じです。
よって、シマノ遠投カゴ投げ中型はLサイズ、ダイワ遠投カゴ投げ中型はMサイズがベストでしょう。


スプールケースとしては最大サイズです。
スペースに余裕をもたせたい人はシマノ8000番、ダイワ旧4500、新8000から選択肢に入れてもよいでしょう。

総評

シンプルなソフトタイプのスプールケースです。
防護面ではハードタイプやセミハードには劣りますが、余程無茶な収納をしなければ、スプールを防護する能力としては十分だといえます。
突起物の貫通や重たい荷物ののし掛かりなどはかなりレアなケースで、荷物が整理されていれば事前に防げるため、必ずしもケースの保護能力に頼る必要もないでしょう。

3サイズ展開でスプールサイズにあったケースを選べるため、バッグやバッカンを圧迫せず収納効率にも優れています。

スペースを無駄にしない、という意味ではかなり優れたスペースケースです。

シンプルな構造故に価格も比較的リーズナブルなので、絶対に傷付けたくないスプールでもなければこちらで十分だといえます。
オススメ度は高いスプールケースです。