ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

第12戦 月夜ナイトエギング

この日も早朝はサーフへ。
例年ならこの時期はオフショアですが、昨今の諸事情にによりサーフから始めます。
シーズン的なデータもなく、ここ最近の実績も全くありませんが、ポイント難民になる確率が低く朝マヅメギリギリに間に合うように行けばいいので、しばらくはサーフスタートを続けるつもりですw

f:id:lurelism:20210413122957j:plain

裂波120から始めフラットバッカーへ、すると、何かがスレ掛り。

f:id:lurelism:20210413122942j:plain

正体はフグ。

そのままアダージョやハウル、チビウロコでのショアスローでノーバイト。
早々に見切りをつけて磯ランガンへ。

f:id:lurelism:20210413123054j:plain

ポッパー、ダイビングペンシル、ジグミノーてローテーションしますが無反応。

f:id:lurelism:20210413123215j:plain

サンノジと戯れたり・・・

f:id:lurelism:20210413123601j:plain

更に南下して夕マヅメを迎えようとするも、予想外の東からの風で難易度が高め・・・

月夜のナイトエギングに賭けて、夕マヅメは捨ててポイント移動で北上します。

ポイント難民覚悟で地磯を巡りますが、最初に覗いたポイントで奇跡的に入れ替りで入れました。
潮が動き出す直前になんとかポイント入りに成功。

月夜・・・ですが曇っていて光は弱め・・・
とりあえず、月夜で使う赤テープで挑みます。
すると、数投でヒット。

f:id:lurelism:20210413123637j:plain

タモでランディング。

f:id:lurelism:20210413123655j:plain

計測してみると、870gでした。

このまま爆釣かと思えば沈黙。
ここから一時間ほどは潮が速すぎて逆に反応が途絶えます・・・

しかし、潮が緩み始めるタイミングで再びヒット。
さっきよりも大きそうな引き込み。

f:id:lurelism:20210413123709j:plain

サイズアップか・・・?と期待を込めて計測・・・

f:id:lurelism:20210413123722j:plain

すると、870g
まさかの同じサイズww

そのまま追加を狙おうとするも、反応はなし。
潮が止まったタイミングで納竿としました。

釣果

f:id:lurelism:20210413123734j:plain

アオリイカ 870g 2杯
フグ

筆者にしては上出来な釣果ですw
曇っていて月夜・・・としては微妙でしたが、確かにその恩恵はありました。
これが闇夜とかだと釣れた自信がありませんw
回遊待ちに適したポイントに入れたのも幸いでした。

ヒットルアー

ユニチカ エギエスツーβ 3.5号 ピンク スギ レッド

筆者が月夜でひたすら投げるカラーです。
今年に入るまでナイトエギングは基本避けてきましたが、数少ない夜イカの釣果もこのカラーでした。
今回は早々のヒットがありましたので、ひたすらこれを投げ倒しました。

タックルデータ

ロッド オリムピック 16スーパーカラマレッティー S872ML
リール シマノ 19ヴァンキッシュC3000MHG
ライン PE0.6号 ユニチカ キャスライン エギングスーパーPE3 X8
リーダー フロロ2号 クレハ シーガー グランドマックス

2回ともテンション抜けでのアタリでした。
潮通しの良い磯で、流れが速めだったため、抵抗の抜けを感じ安い状態でした。
ただ、背中からの風があったため、ロッドが煽られやや半信半疑での空アワセは多かったです・・・

ファーストテーパーのスーパーカラマレッティー872MLはブラインドでアタリをとる必要のあるナイトエギングをして、初めてその恩恵というか感度の高さを感じましたw
デイメインだとラインでもアタリを取れるため、ナイトエギングほど恩恵を強く感じることはありませんでした。

今回は難民にならずポイントに恵まれた釣行でしたが、なんとかサイズの方を狙っていきたいですw