ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

中紀 ヤエン・タイラバ・ジギング

プレジャーボートにて、中紀エリアに何でもありの五目釣りに行ってきました。

f:id:lurelism:20200608130715j:plain

最初は藻場エリアにアンカーを下ろしてボートヤエンでアオリイカを狙います。
アジを装着し投入、アタリを待ちます。

何でも釣行は最初に転けると、何をやってもダメな負のループに入りやすいので、出だしが肝心ですw

アジを泳がせアタリを待ちながら、ダイビングペンシルをバシャバシャさせたり、小型ジグを投げたり何か釣果を得ようと躍起になりますw

すると、アジに待望のアタリ。
強引に寄せ、ヤエンを投入するも離されます。
ただし、すぐに追い乗り。

アジを抱いたままでヤエンが掛かってるかどうかわからなかったので、表層まで上げて合わせを入れて無理矢理フッキングさせました。

f:id:lurelism:20200608131217j:plain

1500gのアオリイカでした。

なんかと幸先の良いスタートを切れました。
しかし、その後はアタリが続きません。

ポイントを移動し、再びアジを泳がせるも沈黙。
筆者は寝てしまいましたが、起きていた同船者にも反応なし。
無駄に時間だけが過ぎていくので次の釣行へ切り換えました。



お次はタイラバへ移行。
真鯛狙いではなく、根魚狙いのタイラバです。

前回、一人だけ悲惨な釣果になり、かなり自信を喪失していますが、タックルは前回と同じくスピニングの掛けスタイルで挑みます。

ただし、ネクタイは変更。
がまかつの極細ロングカーリー2本に、フックはダイワの紅牙の四本段差Sを装着。
もはや理由付けなど必要なく、わからないから色々試すという感じですw

すると、一投目ならコツコツとバイトがあります。
行ける、と思ったタイミングで合わせるもスカ・・・

根魚だから簡単にフッキングするだろうと考えていましたが、甘かったです。
掛ける気で行くなら、もうちょっと大きめのフックの方がよかったのかも・・・

再び巻いているとすぐにヒット!
今度は合わせずに巻いていきます。

最初は抵抗するも、途中から大人しくなります。
ロックフィッシュがかかったようです。

バラさないか不安になりながらも、浮いてきました。

f:id:lurelism:20200609212945j:plain

正体はアコウでした。
33センチです。

カニっぽい甲殻類を吐き出しました。
タイラバがマッチしていたのか、海の活性は高そうです。

その後、もう一度落とすとすぐに反応があります。
こちらはショートバイトで終了。

次落とすと、すぐにヒット。
抵抗の感じから、またしてもアコウっぽい反応。
しかし、中層付近でフックアウト・・・

ただし、反応が多いだけに、フックアウトしても心にはゆとりがありますw

落としなおすと、やはりすぐにヒット!
同じような引き感。
しかし、上がってきたのはアコウではありませんでした。

f:id:lurelism:20200609214136j:plain

ジャスト30センチの尺ガシラでした。


かなり良い感じですが、次の流しではアタリが消えました。

そのまま次の釣行へ移動。

午前中にベイトが回っていて、落とし込み船が集まっていたポイントを覗きます。
既にベイトの反応は消失していますが、ジグで探るも案の定、無反応。
スーパーライトジギングで底も狙ってみるも無反応。

見切りを付けて移動。


ラストは小アジが良くたまるポイント。
水深は浅いですが、余裕のある筆者はここでもジギングをすることに。

撃投ジグレベルの60gで底から10ジャークをひたすら探っていると、ずしんとヒット。

ライトジギングロッドとはいえ、中々の引込み。
メジロクラスは行ったかと浮かせてくると、またしてもスレ掛かり・・・

f:id:lurelism:20200609214459j:plain

ハマチかツバスか際どいやつでした。
背中にフックが貫通しています。
最近、多いですねw

これにて、早上がりで納竿としました。


ハマチのお腹を裂くと、ベイトが出てきました。

f:id:lurelism:20200609214857j:plain

マッチザベイト、でしたw

釣果

f:id:lurelism:20200609214958j:plain

アオリイカ 1500g
アコウ 33センチ
ガシラ 30センチ
ハマチ 45センチ

一発大物はありませんでしたが、まんべんなく釣れて楽しめました。

何でも釣行は釣種ごとにさける時間が短く、全て空回りでボウズの確率が高いですが、今回は全て良い方向に流れてくれました。

やはり、最初に釣果を出していたのが良かったです。
アオリイカが釣れていなければ、自信を喪失しているタイラバではなく、スーパーライトジギングをしていたでしょうし、最後の浅いポイントでジギングはしなかったでしょうw

ヒットルアー

がまかつ 桜幻 TGシンカー 40g ブルースポットマダイ
流れない時のメインのヘッドです。
これで軽すぎる時はスタートの45gに変更します。

がまかつ 極細ロングカーリー
デュアルゼブラとチャートテールの組み合わせです。

これをがまかつ カスタムスイベルSSHで接続し、フックにダイワ 紅牙替えフックSSⅡ 4本段差Sを装着しました。

フックはキャストで使うと、さすがにエビ率が高すぎてダメでしたw
キャストなら理想は2本針、エビ覚悟で3本針の方が良さそうです。

カルティバ 撃投ジグ レベル 60g ブルピン
ショアジギングのエースですが、落とし込みの時のベイトパターンでも活躍してくれます。
特に、入手が容易なのでロストしてもすぐに補充できるという点が圧倒的に魅力ですw

これに、シービーワンのリフテックス ブリッツ ツインアシスト 4/0ミドル を装着しました。

タックルデータ

タイラバ
ロッド 天龍 レッドフリップ 742S-M
リール ダイワ 17モアザン3500
ライン よつあみ ボーンラッシュWX8 0.8号
リーダー 東レ ジギングリーダー パワーゲームフロロ 4号 16LB

ジギング
ロッド 天龍 ホライゾンLJ 621-FML
リール ダイワ 17ソルティガBJ3500SH
ライン よつあみ ウルトラダイニーマWX8 1.5号
リーダー クレハ シーガーグランドマックスFX 8号

掛けに徹しきれない以上、スピニングタイラバは掛け乗せ兼用と乗せ用の2本は揃えたいところです。
今のところ、17モアザンで代用してますが、そろそろタイラバ用のスピニングリールも用意したいところ。
20ツインパワーがいい感じですが、12ヴァンキッシュとスプール互換がないことをどう捉えるか・・・
今のシーズンは乗せ用で良さそうですが、その場の反応でコロコロ態度を変える筆者には兼用できる硬さのロッドが良さそうではありますw

臨時収入があるのでここは踏み切るべきでしょうw

メインラインが細いライトジギングタックルは良く掛かってくれますが、ハマチスレでメジロと思う程度には曲げられるので、ベイトの回遊が増えてきたら通常のジギングタックルを持ち込んだ方が良さそうです。

青物の活性が上がってきているみたいで、今後が楽しみです。