ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

日吉屋 FIVE TWO ジグバッグ M インプレ

日吉屋から出ているオフショアジグを立てるタイプのジグバッグです。
筆者はジグの他に、ティップランエギの収納に使っていました。


日吉屋 ジグバッグ M

f:id:lurelism:20200221121209j:plain

シンプルなジグバッグです。
プラスチックのケースが袋に入っているだけの簡単な構造ですw

セフィア船縁エギポーチがダートマックスTR非対応なので、こちらのジグバッグで代用して対応しました。

収納性

f:id:lurelism:20200221121239j:plain

6ヵ所の収納スペースがあります。

f:id:lurelism:20200221121408j:plain

区画にはかなり余裕があるので、セフィア船縁エギポーチでは無理だったダートマックスTR-BKの収納も可能です。
エギなら2本詰めても入りますw

f:id:lurelism:20200221121437j:plain

ジグも余裕で複数本詰めることができます。

コンパクトな割には収納効率は高いです。

水抜き穴

f:id:lurelism:20200221121548j:plain

袋の底に水抜き穴があるので、丸洗いに対応しています。
ここは非常に助かる要素です。

ただし、穴が中央に一ヶ所なので、水抜けは悪いですw

f:id:lurelism:20200221121516j:plain

更に、プラスチックケースの水抜き穴はとても小さいので水切れはそれほどよくありません。
エギを入れて放置しているとカンナから錆がでてしまいます。

袋の水抜き穴と相まって水切れ自体はそれほどよくない仕様となっています。

乾かす時は袋からプラスチックケースを取り出した方が良いです。

デメリット

安定が悪いことです。

地面との接地面が小さいので、バランスを崩して倒れやすいです。
なんといっても、想定される使用状況がオフショアなので、船の揺れの影響をもろに受けてしまいます。

特に、ジグやティップランエギを詰め込んでいると、重心が上がってしまい少しの揺れでもすぐに倒れてしまいます。

蓋がないので倒れてしまうと悲惨なことになりますw

f:id:lurelism:20200221121747j:plain

小さいベルトがあるのでそれをどこかに掛けてぶら下げるのが正解でしょう。

総評

シンプルな構造故に価格もリーズナブルです。

メインの釣種が別にあって、ついでにジグやらエギやらプラグを持ち込む時に重宝します。

もっぱら、メインでの使用よりもサブや補完用のジグバッグです。


FIVE TWO(日吉屋) ジグバッグ M