ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

明石ジギング洗礼回避 メジロ タチウオなど

遊漁船でジギングに行ってきました。

遊漁船でのジギングはこれが3回目です。
前々回の2回目でライトライン化のアドバイスを受け、前回のプレジャーボートでその成果が出ました。
今回はその集大成を試す機会ですw

ちなみにタチウオジギングの遊漁船は初となります。

f:id:lurelism:20191224124500j:plain

前半、タチウオジギングをして、昼前に青物狙いのジギングというプランで出発。

キャビンで寝ているとポイントに到着。
快適ですw

周囲にはタチウオ船が数船見えます。
水深は60m前後、ジグは150g以上とのこと。

ロッドはヤマガブランクスのシーウォークライトジギング64ML。
リールはツインパワーSW4000XGにPEは1号、リーダーはフロロ5号に先端に1ヒロだけフロロ14号を結んでいます。

ジグはウエイトを合わせてダイワの鏡牙ベーシックの160gでスタート。

ゆったりしゃくっているとヒット。
ベストウエイトがMAX120gのロッドなので、ロッドが海面に突き刺さる感じでの回収ですが、バレることなく抜きあげ。

f:id:lurelism:20191224220915j:plain
ダイワ 鏡牙ベーシック 160g CHパープルゼブラ

出だしはいい感じでヒット!

その後、同じジグで何本か追加し、リーダーを切られてロスト・・・

同じく160gのジグであるジャッカルのビンビンメタルタイプ1を投下。
急速フォール、手返しが良く底を攻めれます。

同じくゆったりでヒット。

f:id:lurelism:20191224221711j:plain
ジャッカル アンチョビメタル タイプ1 ピンク グローストライプ

その後、抜けあげ失敗でオートリリース、更に今度はPE本線を切られてジグロスト・・・

中々、ロストが激しい釣りですねw
早くもタチウオ用のジグで160gのものは最後の一本となりました。
使い方は良くわかりませんが、カンジインターナショナルの枯葉型のジグを投下。

とりあえず、同じようにゆったりしゃくっているとヒット!
なにやら、本日はカラーも形状も関係ないみたいです。

f:id:lurelism:20191224222214j:plain
カンジインターナショナル フリースロー 160g シルエットキラー

夢に出てきそうなホラーなタチウオですねw
普通に怖いです。
小さいのでリリース・・・恨まないで・・・

その後、同じジグで何本か追加。

なんとか5本のタチウオをキープしたところでタチウオジギングは終了。
船長の話では本日はちょっと渋かったらしいです。
初の遊漁船でのタチウオジギングですが、なんとか食らい付いていけました。

いよいよ、青物狙いでポイント移動。
再びキャビンで仮眠w

いつの間にかポイントに到着。

f:id:lurelism:20191224223003j:plain

全員がベイトタックルを用意。
あれ・・・
かなりやってしまった感があります。

9名くらいいますが、スピニングタックルを握っているのは、というより持参しているのは筆者だけでしたwww

どうやら、明石は潮が速いので、ライトラインと底取りのしやすいベイトタックルがベーシックらしいですw

これはかなり不安です・・・
ベイトとスピニングでは、しゃくり方から既に違うので、釣れてる人のアクションを真似る計画も破綻します。

とりあえず、適当にスタートw
すると、同船者がハマチをヒット!
ヒットジグはウロコジグオリジナル。

こちらもウロコジグの160gを投下ししゃくっていると、バイトと共にラインブレイク・・・ロスト。
サゴシが回遊しているみたいです。

リーダーを結び直している間に、本命ポイントへと移動。

ジグは信頼を置いているシービーワンゼロワンの160gブルピンでスタート。

激し目のワンピッチで誘っていると、ガツガツとヒット。

上がってきたのはサゴシでした!

f:id:lurelism:20191224225259j:plain

そこからは同じパターンでハマチやメジロ、サゴシを追加していきます。

船上はかなりバタバタしていたので、なかなか魚の写真が撮れませんでしたw

フックアウトや水面バラシ、リーダー切断も複数回あり。

セルフランディングしたツバスだけ撮影成功。

f:id:lurelism:20191224225553j:plain

この段階で十分な青物をとっていたのでリリース。

ゼロワン160gブルピン

ゼロワン160gFLキンアカグロー

ゼロワン190gブルピン

ゼロワン190gFLキンアカ

とロストの度次々とジグをロストしていきます。
フックも3/0からスタートし、アタリが多いので4/0へとサイズアップ。

底から12しゃくり以内で決着がつく感じです。
ただし、船の下にラインが入ってしまうポジションだったので、ジグをちょい投げして3セットで打ち直し、を繰り返す必要がありました。
その辺りは船長の指示に従っていればバイトを拾えました。

ベイトタックルの人はどちらかというと渋い感じだったらしく、バイトも少なく針係りも良くなかったとのことです。

結果的に今回はスピニングタックルがハマったみたいです。

f:id:lurelism:20191224230444j:plain

結果的に、ライトライン化後すぐに釣果を出せて非常に満足のいく釣行となりました。

明石の洗礼・・・はなんとか回避ですw

釣果

f:id:lurelism:20191224230816j:plain
f:id:lurelism:20191224230844j:plain
ハマチ・メジロ 60センチ前後 5本
サワラ・サゴシ 2本
タチウオ 5本

メジロは最大でも68か67センチでした。
結局、船中でブリは出ませんでした。
タチウオはわかりませんが、青物では竿頭になりました。

ヒットルアー

タチウオジギング
ダイワ 鏡牙ベーシック 160g CHパープルゼブラ
センターバランスで使いやすいジグでした。
価格もリーズナブルで、ダイワの本気度が伺えるジグですw

ジャッカル アンチョビメタル タイプ1 ピンク グローストライプ
細身で抵抗が少ないのか、ストンと落ちていくジグです。
アクションのイメージが掴み難かったですが、しゃくっていると頻繁にアタリがありました。
本日、最もバイト数が多かったジグです。

カンジインターナショナル フリースロー 160g シルエットキラー
スロージギング用のジグです。
太刀魚カラーとなっていたので用意していました。
タックルがスロージギングではありませんが、フォールを意識して誘っていると良くヒットしました。

ジギング
シービーワン ゼロワン
何だかんだで信頼しているジグです。
今回も結果を出してくれました。
ヒットは160g、190gのブルピンとアカキンです。
底にべったりな状況だったので、余計にこのジグがマッチしたのかもしれません。
1カラーずつしか持ってないので、ブルピンロストでアカキンとがらっとカラーが変わりましたが、あまりカラーは関係なく食ってくる感じでしたw

タックルデータ

ジギング
ロッド 天龍 ジグザム ドラッグフォース JDF621S-4
リール 13ステラSW8000HG
ライン PE2号 よつあみ ガリス ウルトラジグマンWX8
リーダー フロロ8号30LB シーガー グランドマックスFX

タチウオジギング
ロッド ヤマガブランクス シーウォークライトジギング 64ML
リール シマノ 15ツインパワーSW4000XG
ライン PE1号 よつあみ ジグマンX8
リーダー フロロ5号 よつあみ ガリスFCアブソーバー アンフィニ
リーダーその2 フロロ14号 東レ ジギングリーダー パワーフロロ

今回のタチウオジギングのメインが160gだったため、MAX120gのシーウォークライトジギングではややしゃくるのは大変でした。
たまに160gではなく、最初から最後まで160gだったので、明らかにウエイトとマッチしていませんでしたw
ベストウエイトが120gだと推測してのシーウォークでしたが、やはり160gではオーバーでした。

ジギングタックルはほぼ文句なしの活躍でした。
使うラインに対してややタックルがオーバーな気もしますが、今のところ苦にはなりませんでした。
19ステラSW8000の方が、ローターが小型化して軽量化しているみたいですが・・・これ以上は・・・

ドラッグフォースを買うとき、パワーを4にするか5にするか迷いましたが、パワーを4にして結果的に正解でした。
しゃくるのもファイトも非常に楽です。

今回はブリは釣れませんでしたが、次回に期待したいです。