ルアりずむ

主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。

タイラバ第7戦 ジグで逆転

タイラバ第6戦はプレジャーボートにて3名で出撃。
筆者ともう一人はボウズで終わりましたが、内一名が鯛を連発。
圧倒的釣果の差をつけられてしまいました。

そこからのタイラバ第7戦です。
午前中はタイラバ、潮が弛むタイミングでカレイ釣り、というプランです。

f:id:lurelism:20190918130122j:plain

第6戦のタイラバ名人に、ソルトウォーターボーイズのマジカルワームがいいと聞いたので、それを引っ提げての出撃します。

早速、タイラバスタート。
ヘッドはがまかつ 桜幻タイラバーQのタングステンモデルで、ネクタイはマジカルワームカーリーSの2個装着で挑みます。

同船者が早速マゴチ、真鯛と釣りあげていきますが筆者のみアタリなし。
巻き速度を真似てやや速めに巻いていると、ようやく初アタリ!
掛けるスタイルで全力で合わせにいくとスカ・・・

その間も同船者は釣り上げていきます。

次のアタリで再び合わせるもかからず。

掛けるスタイルはダメなのか・・・
その次のアタリでは合わせずに巻き続けますが離されます・・・結局どっちもダメなんかい!!

乗せを信じて次のアタリもそのまま巻いているとようやくヒット!
明らかに小さい引きですが、絶対にばらさないために慎重にファイト。

f:id:lurelism:20190918130141j:plain

渾身のチャリコ!

f:id:lurelism:20190918130156j:plain

バックファイヤーキャップではマジカルワームの装着は難しかったので、がまかつのセットで使用しました。

その後は潮が止まり全員のアタリが無くなってしまいます。


そのため、予定通りカレイ釣りに移行です。
しかし、カレイ釣りは予想に反してノーバイト。
エサの青イソメが外道にすら食べられることもなく・・・

誰も何の変化も起きないまま時間だけが過ぎていき・・・

逆転の一打を狙うため、キャスティングロッドでメタルジグを投げてしゃくっていると中層ちょい上で何かがヒット!
ハマチくらいを想定してましたが、すぐに浮いてきてエラ洗い、シーバスです。
タックルがタックルなので瞬殺でした。

f:id:lurelism:20190918130212j:plain

70に届かないくらいのマルスズキです。

f:id:lurelism:20190918130239j:plain

ヒットルアーは撃投ジグレベル。

f:id:lurelism:20190918130353j:plain

そのままカレイ釣りは爆死して納竿です・・・。

釣果

チャリコ 1匹
マルスズキ 69センチほど

タイラバはずっと不調・・・
もはや釣れる気がしません。

現状はジグの方が圧倒的に期待値が高いです・・・

ヒットルアー

カルティバ 撃投ジグ レベル 60g ブルピン

ショアジギング用のジグですが、オフショアでも使えます。
落としても投げても良し。
オススメジグです。

タックルデータ

タイラバ
ロッド  オリムピック 15ヌーボパグロ692ML-S
リール  シマノ  15オシアコンクエスト201PG
ライン  よつあみ スーパージグマンX8 0.8号
リーダー  東レ ジギングリーダー パワーフロロ 4号 16lb

ジギング
f:id:lurelism:20190918130255j:plain
ロッド リップルフィッシャー アクイラ 74MH
リール シマノ 13ステラSW8000HG
ライン PE4号 よつあみ ガリス ウルトラジグマンWX8
リーダー ナイロン22号80LB よつあみ ガリス キャストマンアブソーバー

ジギングタックルを持ち込まない時のナブラ撃ちタックルはもっぱらアクイラです。
100gぐらいまでのジグなら余裕でしゃくれるので、ジギング、ナブラ撃ち兼用タックルとして使っています。

タイラバは始めた頃がピークでどんどん右肩下がりで釣果が悪くなっていきます。
迷走はまだまだ続きそうです・・・